友人の話(子供の宿題)

以下友人の子供の宿題の話

 

小学2年生になる息子の夏休みの宿題!!

 

 

その中に、読書感想文があったんだけど、今日、やっと終わりました!!

学校から何冊か借りてきてて、その中の『かいぞくポケット』シリーズの『かみなりトケッポ』っていう本を書くことに決めたの!!

 

 

それに決めるのにも、かなり時間がかかって、本を2冊分を書かなきゃいけないんだとか言うし、去年より厚つ目の本を借りてきたから、読むこと自体大変だったよ…

 

 

本読みが苦手な息子は、最初は読んでたんだけど、結局、私が読んじゃった!!

去年と同じように、ところどころ、感想を聞きながら、それをメモって、最後に、別の用紙に下書きをしたんだけど…

 

 

その下書きをしたのも私…

書き方を教えるから自分で書いてみようって言っても、

『ママが書いて』

 

 

とか、

『ママが書いた方がうまく書けるじゃん』

とか、言って結局、私が書くことにしたの!!

 

 

 

少し、甘やかしすぎかなっても思ったんだけど、まだ2年生だし、まだ作文自体うまく書けないのは、わかってたからしょうがないかなって思った!!

 

 

でも、下書きをしてあげるのは、今年で最後だからねと息子にも言いきかせ、なんとか下書きも終わせたからよかった。

子供風に書くのが難しく、漢字もどこまで聞いてるかわかんないから、息子に聞きながら書きました。

 

 

そして、最後は原稿用紙に書かせて終わり、正直ホッとしてます。

来年は、自分で書けるようになってくれるといいんだけど、大丈夫かな!?